HOME > 当院の特色 > 緩和ケア病棟 > スタッフステーション便り > バックナンバー20
緩和ケア病棟

スタッフステーション便り

バックナンバー

緩和病棟の自然と生き物たち(平成27年7月10日)

 いよいよ夏本番ですね。緑豊かな緩和ケア病棟もいきもの達の活動が盛んな季節です。
テラス側は池に面していて木々の緑が鮮やかです。サギに似た白い鳥や鴨などが暮らしており、お部屋の窓からも活発に動いているのが見えます。
山から下りてきたのか、ウグイスが鳴いていることも。鳴き始めた頃は「ホーッ・・・」上手に鳴くには練習が必要なようです。

 池の周りは遊歩道になっていますので、天気の良い日は車椅子でお散歩されたり、テラスで午後のお茶を楽しまれたり。
ベッドのままテラスに出て風や青空を感じているうちに、気持ち良くてそのままウトウトされる方もいらっしゃいます。
いきもの達にも落ち着く環境なのでしょうか、時には野鳥がテラスを悠々と歩いていることもあります。


 先日はお部屋の網戸にカブト虫が登っているのを、そのお部屋の患者さんが教えて下さいました。
そんな時はスタッフもちょっとした騒ぎになります。
 「カブト虫 いたって。」
 「えー、どこどこ?」
適当な入れ物を探してきてカブト虫を入れ、患者さんに見てもらいにお部屋をまわります。
「子供の頃は近所でもとれたからね。良く探しに行ったねえ。」などと懐かしそうに話してくれる方もあり、思わず笑みがこぼれます。
(写真はその時のカブト虫です。「カブト虫はすぐに飛んでいくよ~」と言われ慌てて撮ったのでピンボケですが。^_^;)

   このように美しい自然がいっぱいの病棟です。自然との触れ合いは心が安らぎますね。
そんな憩いのひとときをお手伝いしながら、私達も楽しませてもらっています。
さて、この夏どんな出会いが待っているでしょうか。

看護師Y.Y.

                               

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL