緩和ケア病棟

スタッフステーション便り

バックナンバー

緩和ケア病棟お花見会(平成27年6月11日)

 「今年の開花は早いの?遅いの?」
 「開花予想日はいつ?」
 「満開になるのはいつ頃?」
春の足音が聞こえ始めると緩和ケア病棟の看護師たちは桜の開花予想を始める。
恒例のお花見会の開催日を決定するためである。
今年のウェザーニュースの開花予想日は3月25日。
そこから計算して今年はいつもより少し早めの3月31日に開催を決めて準備をしていたものの、なかなかつぼみは膨らんで来ない。
しかし、週末から一気に気温は上がり、当日は暑いくらいの青空と満開の桜に一同ホッと胸をなでおろす。

 当日は、患者さんだけでなくご家族もたくさん集まり、朝からワクワク!病棟内も少し浮き足立った雰囲気。
昼食が終わった午後2時過ぎからボランティアさんと協力しながら患者さんの大移動が始まる。

 乾杯の合図もそこそこに満開の桜の木の下では、早速桜餅を食べたりノンアルコールのチューハイやビールを呑んだりしながら和やかなひと時が始まる。
こんな特別な時間だから仕事中の医師や看護師も患者さんと一緒に「乾杯!」。白衣のまま宴会を楽しめるのは緩和ケア病棟スタッフの特権かな!?

 普段は体がだるかったり気持ちが辛かったりすることも多いけれど、この日は気分も晴れやかそうに弾けるような笑顔でカメラに向かってピースサインを送って下さる患者さんたち。
四季を感じ、太陽の光や自然の風に包まれる事が何よりの薬だと感じる瞬間である。

緩和ケア病棟 Y

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL