院内がん登録統計

院内がん登録統計一覧



語句の説明

 【がん登録】
「がん登録」とはがんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管・整理解析する仕組みのこと。大きく分けて、以下の3つに分けられる。
・全国がん登録
  平成28年1月から始まった。全国の病院及び一部の診療所で実施。
  日本でがんと診断された全ての人のデータを国で1つにまとめて集計・分析・管理する仕組み。
  患者情報・腫瘍情報・治療情報等、全部で29項目。
・院内がん登録
  診断・治療されたがんについての情報を病院内で集めて、集計・分析・管理する仕組み。
  全国がん登録の項目 + より詳細な項目(主に腫瘍情報、治療情報)で構成されており、全部で99項目。
・臓器がん登録
  各がんの専門学会等が主体となって、臓器別のがんに関する情報を収集したもの。
  病期分類、診断、治療方針等を検討することを目的としている。

 【平成○年症例】
当院で診断された症例は「自施設診断日」、他施設で診断されてから当院を訪れた症例はその診断・治療目的に 当院へ最初に訪れた日(「当該腫瘍初診日」)を基準日とし、以下のように分類する。

  基準日   平成20年1月1日 ~ 平成20年12月31日  ⇒ 平成20年症例
   平成21年1月1日 ~ 平成21年12月31日  ⇒ 平成21年症例
   平成22年1月1日 ~ 平成22年12月31日  ⇒ 平成22年症例
   平成23年1月1日 ~ 平成23年12月31日  ⇒ 平成23年症例
   平成24年1月1日 ~ 平成24年12月31日  ⇒ 平成24年症例
   平成25年1月1日 ~ 平成25年12月31日  ⇒ 平成25年症例
   平成26年1月1日 ~ 平成26年12月31日  ⇒ 平成26年症例
   平成27年1月1日 ~ 平成27年12月31日  ⇒ 平成27年症例

  【症例区分】
どのような症例かを示す項目。内容は以下のとおり。
診断のみ 診断のみの場合
自診断・自治療 当院で診断し、当院で治療(経過観察含む)した場合
他診断・自治療 他施設で診断された後、当院を受診し治療(経過観察含む)した場合
治療開始後 他施設での治療開始後に当院を受診した場合
剖検 剖検で発見された場合
その他 上記以外の場合

  【部位別】
どの部位から発生した悪性腫瘍かを示す。がん登録においてはどの部位から発生した悪性腫瘍か(局在)、 どのような悪性腫瘍 なのか(組織型)を決定するのに「ICD-O-3(国際疾病分類 腫瘍学 第3版)」を使用している。 それを用いて以下のように「部位別」として分類する。
5大がん   胃 C16
 大腸 C18~C20
 肝 C22
 肺 C34
 乳房 C50
5大がん以外   頭頸部 C00~C14、C30~C32、C73
 食道 C15
 胆嚢・胆管・膵 C23~C25
 皮膚 C44
 軟部腫瘍 C48~C49
 婦人科腫瘍 C51~C58
 前立腺 C61
 尿路系 C64~C68
 脳腫瘍 C70~C72、C75
 その他 上記以外

  【登録件数と当院治療症例件数】
登録件数とはがん登録をした件数(「症例区分」全て)。 当院治療症例件数とは当院で治療を行った症例(「症例区分」で「自診断・自治療」及び「他診断・他治療」のみ)の件数。
  症例区分
登録件数  診断のみ
 自診断・自治療
 他診断・他治療
 治療開始後
 剖検
 その他
当院治療症例件数  自診断・自治療
 他診断・治療治療

  【UICC TNM】
UICC TNM とはUICC(国際対がん連合)が定めたがんの進行度合いを示す国際的な指標。 部位別にそれぞれ異なり(例えば「胃」と「大腸」では全く異なる。同じ部位でも組織型によって異なるものもある。)、 T分類(腫瘍の大きさや浸潤度合い等によって決定)、N分類(リンパ節転移の有無又は転移したリンパ節の個数、 場所等によって決定)、M分類(遠隔転移の有無又は転移した場所等によって決定)があり、これらの組み合わせで stage が決定される。
 ・T分類 : 腫瘍の大きさ、浸潤度合い等によって決定
 ・N分類 : リンパ節転移の有無、転移したリンパ節の個数、場所等によって決定
 ・M分類 : 遠隔転移の有無、転移した場所等によって決定
  ↓
  これらの組み合わせでstageが決定される。
また、がん登録においては平成24年症例からUICC TNM 第7版を使用することになった。
 ・平成20年症例 ~ 平成23年症例 : UICC TNM 第6版
 ・平成24年症例 ~ 平成27年症例 : UICC TNM 第7版



このページの先頭へ

高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL