平成29年度 高槻赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 145 115 132 175 359 536 1597 2643 1641 308
Ⅰ定義
①集計期間に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。(ただし、入院から退院まで緩和ケア病棟に入院していた患者さんは除きます。)
②年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。

Ⅱ解説
幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、70歳代が一番多く全体の約34%を占めています。
60歳以上の患者さんの割合が全体の81%(前年度比2ポイントアップ)を占め、地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(末梢循環不全なし。) インスリン注射あり  85歳未満 48 19.29 14.27 0 64.88
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 3.82 5.76 0 63.24
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 輸血あり 化学療法(リツキシマブ)あり 27 33.7 33.42 0 77.52
100070xx99x000 2型糖尿病(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 20 14.85 11.16 0 66.6
130010xx97x2xx 急性白血病 輸血あり 化学療法あり 18 35.94 40.97 5.56 54.94
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
「2型糖尿病」が2つありますが、DPCコードではインスリン注射の有無や年齢等により分類されています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 検査入院(気管支鏡検査等) 130 2.23 3.59 0.77 71.83
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 73 16.19 11.99 1.37 67.63
040110xxxxx0xx 間質性肺炎  72 22.14 19.65 4.17 75.38
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 (手術・化学療法等なし) 56 15.71 14.60 8.93 73.73
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎  54 21.65 20.83 29.63 83.5
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
「肺の悪性腫瘍」が3つありますが、DPCコードでは手術の有無や化学療法(抗がん剤)等の種類により分類されています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
また、集計ルール上、上記に含まれていませんが、睡眠時無呼吸症候群の検査・CPAP導入入院を年間約100例行っております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 検査入院(内視鏡検査等) 157 1.30 3.02 0 70.83
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患  92 4.11 7.87 0 68.28
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  69 5.55 5.50 0 57.51
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 4.11 7.39 0 69.77
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 56 8.52 8.73 0 76.5
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
また、集計ルール上、上記に含まれていませんが、内視鏡的ポリープ切除術の入院加療を年間約500例行っております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術などあり 157 4.90 4.62 0 72.43
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル検査入院 110 4.08 3.03 1.82 70.15
050130xx99000x 心不全  88 20.57 17.71 3.41 85.49
050130xx99020x 心不全 SPECT等の検査あり 38 34.13 24.77 10.53 81.68
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 6.06 7.71 3.23 76.16
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
「狭心症・慢性虚血性心疾患」・「心不全」がそれぞれ2つありますが、DPCコードでは手術や検査の有無によって分類されます。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 18 3.50 9.16 0 4.67
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  18 2.67 5.50 0 5.5
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)  15 4.13 5.94 0 1.33
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 14 3.07 5.70 0 4.86
030270xxxxxxxx 上気道炎 11 3.18 4.84 0 2.91
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等  30 8.73 7.40 0 64.57
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 20 6.95 6.64 0 61.25
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等  18 15.11 15.61 0 72
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 17 6.00 6.37 0 60.12
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 16 22.19 17.27 0 69.94
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
また、集計ルール上、上記に含まれていませんが、そけいヘルニアの入院加療を年間約60例行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 73 30.26 27.09 84.93 82.01
160620xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 55 13.95 19.87 0 36.58
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 保存的治療 55 30.35 19.94 58.18 81.96
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 34 27.15 23.14 17.65 67.94
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 31 26.35 25.09 22.58 74.58
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等  16 6.25 5.80 0 58.31
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 皮膚皮下腫瘍摘出術等あり 11 2.82 4.86 0 64.64
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等  11 20.55 8.50 0 74.45
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 11 8.64 5.60 0 44.82
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂症手術  - - 3.29 - -
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術等 55 12.31 12.35 0 71.27
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 26 12.96 11.99 0 67.15
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ)あり 19 6.68 10.56 0 67.68
040200xx01x00x 気胸 胸腔鏡下肺切除術等あり 12 8.17 10.04 0 38.83
040110xxxxx0xx 間質性肺炎  - - 19.65 - -
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
「肺の悪性腫瘍」が3つありますが、DPCコードでは手術の有無や化学療法(抗がん剤)等の種類により分類されています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 12 10.00 9.91 0 49.42
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 - - 6.37 - -
120120xx99xxxx 卵巣・卵管・広間膜の非炎症性疾患 手術なし - - 4.22 - -
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法(カルボプラチン+ドタキセル水和物あり) - - 4.75 - -
120260xx01xxxx 分娩の異常 帝王切開術等 - - 9.67 - -
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
正常分娩はDPC診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 12 8.08 10.21 0 61.25
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 水晶体再建術同時施行 11 6.00 7.31 0 69.55
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり  - - 7.38 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり  - - 15.25 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂術あり - - 3.29 - -
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
白内障の手術はDPC診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
「黄斑、後極変性」が2つありますが、手術の種類により分類されています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
また、集計ルール上、上記に含まれていませんが、白内障手術の入院加療を年間約500例行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎(内視鏡下鼻・副鼻腔手術等あり) 27 7.59 7.23 0 51.93
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患(口蓋扁桃手術・アデノイド切除術等あり) 22 7.32 8.01 0 11.77
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.48 - -
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり  - - 9.88 - -
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 - - 5.17 - -
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 38 7.50 8.95 0 70.13
080011xx99xxxx 急性膿皮症  25 8.48 11.73 0 59.6
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹  - - 10.89 - -
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - 3.60 - -
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術  58 5.60 7.31 0 73.78
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等  29 15.17 12.92 0 69.41
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 21 9.76 9.73 0 72.62
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 14 11.07 12.34 0 72.07
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 12 4.75 5.75 0 55.58
Ⅰ定義及び表の説明
全病院平均在院日数(※)は、平成29年度のDPCデータ提出病院の全国平均在院日数を掲載しています。
患者数が10件以上あるDPCコードのみ掲載の対象としています。
緩和ケア科は診断群分類での請求対象外のため掲載対象外としています。
また、集計ルール上、上記に含まれていませんが、前立腺生検の検査入院を年間約90例行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 72 - 13 15 10 28 1 7
大腸癌 25 26 16 20 27 55 2
乳癌 10 20 0 0 - 14 1 7
肺癌 62 10 42 79 15 222 1 7
肝癌 - - - - - 45 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
Ⅰ定義
①集計期間はH29年4月1日~H30年3月31日に退院した患者件数としています。
②入院後24時間以内に死亡した患者は対象外です。
③期間中に同じ患者さんが同じがんで入退院を繰り返した場合、退院1件につき1件と数えています。
④10件未満の場合は「-」表記としています。
⑤「初発」の病期分類は、UICC(英名Union for International Cancer Control)第7版の病期分類に基づいたものです。
⑥集計期間中に「初発」として集計されたものは、一連の治療期間中は原則「再発」には集計していません。
⑦病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
⑧医療資源と最も投入した傷病名が疑い病名だったものは集計対象から除外しています。

Ⅱ解説
患者数としては、肺がんが最も多くなっています。次いで、胃がん大腸がんとなっています。
当院は、内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、手術、抗がん剤治療、放射線治療など患者さんに合わせた治療法を選択し総合的に管理しています。
また、緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされたがん患者さんの苦痛を和らげる緩和ケアの体制も整えています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 55 10.95 53.85
中等症 158 14.49 78.89
重症 36 20.25 84.00
超重症 - - -
不明 0 0 0
Ⅰ定義
①集計期間はH29年4月1日~H30年3月31日に退院した患者件数としています。
②この集計での成人とは15歳以上の患者さんを指します。
③市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
④入院の契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が、『肺炎・急性気管支炎(DPCコード040080)』さらにその中でICD-10コードがJ13~J18であるものが対象です。
⑤重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
1.男性≧70歳、女性≧75歳 2.BUN≧21または脱水 3.酸素飽和度≦90% 4.意識障害(肺炎に由来する)5.sBP≦90mmHG
軽症:上記5ついずれも満たさない。
中等度:上記1つまたは2つを有する。
重症:上記3つを有する。
超重症:上記4つまたは5つ。またはショック
不明:1~5の項目のうち1つでも不明であったもの。

Ⅱ解説
症例数では中等症の割合が最も多く、全体の約6割を占めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 16 26.06 78.50 28.00
その他 - - - -
Ⅰ定義
①集計期間は、H29年4月1日~H30年3月31日に退院した患者件数としています。
②最も医療資源を投入した傷病名がI63$である症例が対象です。
③発症日から「3日以内」「その他」に分けて表示しています。
④「転院」については、退院先が「他の病院・診療所への転院」とし、転院患者数/全退院数を転院率としています。

Ⅱ解説
当院では64%の患者さんが発症から3日以内に治療を開始しています。迅速に治療を開始することで早期離床に繋がり、早期にリハビリテーションを開始することができます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 461 0.24 1.04 0.22 70.22
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 59 0.54 6.97 0 76.39
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 50 0.58 1.32 0 69.98
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 43 0.23 3.12 0 67.72
K654 内視鏡的消化管止血術 35 1.31 8.77 2.86 71.57
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 141 1.85 3.72 0.71 73.04
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 37 1.54 2.86 0 71.49
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 30 1 16.17 3.33 75.87
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 28 2.32 2.86 0 70.86
K5972 ペースメーカー移植術2.経静脈電極の場合 20 4.35 18 5 81.3
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 1.22 6.11 0 63.85
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 47 1 2.28 0 70.3
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 17 1 4 0 60.12
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 3 19.41 0 71.41
K7434 痔核手術(根治手術) 15 1.27 4.93 0 60.4
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 68 1.34 23.63 20.59 71.1
K0461 骨折観血的手術(大腿) 66 5.24 22.91 69.7 77.64
K0462 骨折観血的手術(下腿) 46 3.13 13.37 10.87 60.85
K0811 人工骨頭挿入術(股) 27 4.52 22.26 77.78 78.44
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 26 2.58 11.54 3.85 55.73
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 13 0.62 4.31 0 54.46
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 1.73 18.36 0 78.18
K0052 皮膚皮下腫瘍摘出(露出部2~4cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としており、10症例未満は-(ハイフン)としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 42 5.12 7.69 0 71.14
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞(楔状部分切除によるもの) 13 3.62 3.62 0 40.38
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 13 2.23 4.54 0 67.15
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍(部分切除) 10 2.6 5.9 0 74.3
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - -
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としており、10症例未満は-(ハイフン)としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 12 1 8.17 0 52.83
K867 子宮頸部(膣部)切除術 10 0.6 1 0 52.6
K8882 子宮付属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡下によるもの) - - - - -
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) - - - - -
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としており、10症例未満は-(ハイフン)としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 499 0 0.58 0 73.5
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 28 0.11 5.18 3.57 69.57
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 10 0.1 3.6 0 67.2
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
K269 虹彩整復・瞳孔形成術 - - - - -
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としており、10症例未満は-(ハイフン)としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 19 1 5.68 0 50.42
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 19 1 6 0 12.68
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直逹鏡によるもの) - - - - -
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としており、10症例未満は-(ハイフン)としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍(経尿道的手術)(電解質液利用のもの) 59 1.08 4.17 0 73.8
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 21 1.81 8.1 0 72.38
K843 前立腺悪性腫瘍手術 17 2 12.82 0 69.47
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 13 1.92 11.23 0 68.69
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 12 1.17 2.58 0 55.58
Ⅰ定義及び表の説明
10症例以上を集計対象としています。
(10症例以上を集計対象としているため内科・呼吸器科・小児科・皮膚科・緩和ケア科は集計対象外となっています。)
退院診療科で集計しているため、必ずしも『診療科』=『手術実施科』ではありません。
1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 16 0.21
異なる 22 0.29
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 49 0.64
異なる - -
解説
この指標は、医療の質を改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
更新履歴
2018/09/26