HOME > 当院の特色 > 産婦人科病棟 > 新生児聴力検査
産婦人科病棟
新生児聴力検査
入院されてからのご案内 〜出産直前・直後のイメージ〜

新生児聴力検査とは

言葉の発達には聴力が必要です

言葉を習得し知識を発達させるためには、聴力がとても重要です。音の刺激を繰り返し受けることによって、脳が学習・発達し、言葉の意味を理解できるようになります。


聴覚障害を早期に発見できます

聴力検査を行わない場合、赤ちゃん自身が症状を訴えることがないので、2〜3才頃になって「言葉が遅い」ことから、はじめて難聴に気づくことが少なくありません。


早期に治療・訓練が開始できます

聴覚に障害がある場合でも、発見が早いほど、適切な治療や訓練によって聴力や言葉の発達を促し、他の赤ちゃんと同じように成長することが出来ます。

検査方法

赤ちゃんの耳にイヤーカプラを装着し、ソフトなクリック音を聴かせます。赤ちゃんが眠っている間に短時間で検査が終了できます。

検査にあたってのご注意

この検査は聴覚障害の可能性をみつけるための検査で、確定診断を行うための検査ではありません。
また、検査は保険適応外となっています。

検査の結果について

「pass(合格)」の場合

先天性難聴は、否定されたと考えられます。しかし、生後に起こる中耳炎による難聴や、頻度はごく低いのですが、進行性難聴は発見できません。


「refer(要精査)」の場合

あくまで精密検査が必要であうるということで、ただちに聴覚障害を意味するものではありません。小児の聴覚障害を診断できる専門機関で確定診断を行う必要があります。

検査料金

5,400円(税込)

当院の特色

地域医療支援病院

大阪府がん診療拠点病院

緩和ケア病棟

産婦人科病棟

治験事務室

医師臨床研修

医療機器の紹介

広報誌 日赤の森

各種教室

糖尿病情報

訪問看護ステーション

医療体験ブラック・ジャック セミナー

トピックス

外来・入院案内診療科・部門案内当院の特色地域医療連携
このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL