HOME > 当院の特色 > 産婦人科病棟 > 出産について
産婦人科病棟
出産について
入院されてからのご案内 〜出産直前・直後のイメージ〜

当院での考え方

母と子の持てる力を尊重し、自然陣痛・自然分娩を大切にしています。
母子の安全を守るために医療介入が必要な場合は、安心して出産していただけるよう
十分な説明と同意のもと、最善の医療・看護を提供します。

ソフロロジー分娩

陣痛は「赤ちゃんを生み出すための大切なエネルギー」であり、出産を「赤ちゃんとお母さんが行なう最初の共同作業」と受け止めます。妊娠初期からイメージトレーニングを行うことにより、おなかの赤ちゃんとの絆を深くし、緊張や恐怖心を取り除き、リラックスして前向きにお産に取り組むことができます。赤ちゃんとの絆が強まることによって、産後の育児にもよい影響を及ぼします。

ラマーズ法

呼吸をコントロールしながら、主体的にお産を乗り切っていく方法です。お産のすすみ方を知り、日ごろから呼吸法やリラックス法を繰り返し練習しておくことで、積極的にお産に取り組むことができます。

夫、家族立会い分娩

赤ちゃんの誕生を、家族の皆さんで迎えてみませんか?
家族の絆が深まり、赤ちゃんへの愛着が増します。お子様の反応も楽しみです。立会いのご希望は、後期指導・入院時におうかがいします。希望される方には、事前に健康状態の把握をさせていただきます。お子様のみの立会いは控えていただいています。

カンガルーケア

出産直後、赤ちゃんをお母さんの胸に直接抱いていただき、お乳を吸わせます。その様子が、カンガルーがおなかの袋に赤ちゃんを入れて育てる姿を連想させることから、カンガルーケアと言われています。お母さんと赤ちゃんの様子を見ながら、安全に行います。

出産イメージ
当院の特色

地域医療支援病院

大阪府がん診療拠点病院

緩和ケア病棟

産婦人科病棟

治験事務室

医師臨床研修

医療機器の紹介

広報誌 日赤の森

各種教室

糖尿病情報

訪問看護ステーション

医療体験ブラック・ジャック セミナー

トピックス

外来・入院案内診療科・部門案内当院の特色地域医療連携
このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL