HOME > 外来・入院案内 > 院外処方せん
外来・入院案内

院外処方箋

  • 当院は院外処方せんを発行しています。
  • ・お薬は全国のどの保険薬局でも受け取ることが可能です。
  • ・院外処方箋の有効期限は、発行日を含めて4日間です。
  • ・有効期限が切れた院外処方箋は無効となりますのでご注意ください。
院外処方せんFAXコーナー

院外処方箋FAXコーナー

  • ・図書コーナー前に院外処方箋FAXコーナーを常設しています。
  • ・保険薬局への院外処方箋FAX送信サービス(無料)を行っておりますのでご利用ください。

かかりつけ薬局

  • ・患者さん自身の「かかりつけ薬局」を持つことを推奨しています。
  • ・かかりつけ薬局では、患者さんのお薬の記録(薬歴・副作用歴・アレルギー歴等)を管理し、安全性を確認のうえお薬が交付されます。
  • ・特に、複数の医療機関を受診している場合、重複投与・相互作用もチェックされますので安心です。
  • ・かかりつけ薬剤師が在籍している薬局や、健康サポート薬局では、よりきめ細かな支援が受けられます。
  • ・交付されたお薬手帳は、万が一に備え外出時も肌身離さず携帯しましょう。

院外処方箋について

  • ・当院は、院外処方箋に検査値印字・一般名処方を導入しております。
  • ・保険薬局での処方監査・服薬指導等を補う目的で、血算・肝機能・腎機能など13項目の検査値が印字されます。
  • ・検査値の開示を望まれない方は、中央で切り取り、左半分の処方箋のみ保険薬局にご提出ください
  • ・後発品(ジェネリック品)がある医薬品は、薬品名が成分名(一般名)で印字されます。
  • ・患者さんご自身が、保険薬局で先発品か後発品かを選択可能となります。
  • ・電子薬歴に対応したQRコードが印字されます。(規格違いで認識されない場合があります)
 

疑義照会簡素化プロトコルについて

当院は、疑義照会簡素化プロトコルを導入しております。


  • ・あらかじめ合意された変更ルールに従い、患者さんの同意を得て疑義照会不要(事後報告)で保険薬局にて変更調剤できる取り決めです。
  • ・患者さんの待ち時間短縮や、薬剤師が薬学的知見に基づく本来の疑義照会に注力できるといったプラス効果が期待できるため、 多くの保険薬局の参加をお願いいたします。
  • ・参加を希望される保険薬局は、申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ記載されている連絡先への送付をお願いします。
  • ・プロトコル本体もダウンロード可能ですので、ご参照ください。
 

※保険薬局へ
簡素化プロトコル外で対応可能な変更調剤の報告や、交付医薬品の商品名(銘柄)の報告は必須としませんが、お薬手帳へ漏れなく記載のうえ、 次回受診時に必ず持参していただくようご指導願います。

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL