HOME > 当院の特色 > 治験事務室 > 治験実施のルール
治験事務室

治験実施のルール

治験は「くすりの候補」を人に使うため、患者さまの人権や安全性が最大限に守られなくてはなりません。また、承認されれば治療に使うわけですから、科学的に適正に実施されなくてはなりません。

そのため、国によって厳しいルール(法律)が定められています。これを「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」といい、略称「GCP」といいます。

治験の計画・内容について、患者さまの人権が守られ、安全性に問題がないかどうかを病院内に設置された「治験審査委員会」で審査します。(詳しくは、治験審査委員会とは?をお読みください。)

患者さまに治験に参加して頂くにあたり、文書にて治験の内容を詳しく説明し、患者さまの理解と同意を得ることが義務づけられています。

当院の特色

地域医療支援病院

大阪府がん診療拠点病院

緩和ケア病棟

産婦人科病棟

治験事務室

医師臨床研修

医療機器の紹介

広報誌 日赤の森

各種教室

糖尿病情報

訪問看護ステーション

医療体験ブラック・ジャック セミナー

トピックス

外来・入院案内診療科・部門案内当院の特色地域医療連携
このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL