HOME > 当院の特色 > 治験事務室 > 治験コーディネーターとは?
治験事務室

治験コーディネーターとは?

治験コーディネーターイメージ 高槻赤十字病院では、外部委託会社から専任で必要人数の治験コーディネーターが働いております。

治験コーディネーターの主な仕事は、次の通りです。

  • 治験参加が適格であるか確認します。
  • 治験担当医師とともに同意説明を行います。
  • 併用薬をチェックし、治験薬と一緒に投与してはいけないくすりがないか確認します。
  • 患者さんが治験薬をきちんと服薬できているかを確認します。
  • 治験のスケジュールを把握し、患者さんへ適切なアドバイスを行います。
  • 治験薬の投薬後に患者さんに起こった不具合(有害事象)の確認を行い、必要に応じて担当医師への伝達を行うなどすばやく対応します。
  • 差し支えなければ患者さんの診察や検査に同席し、スムーズに診療が進行するよう努めます。
  • 患者さんからのご質問・ご相談をお聞きし、問題の解決に努めます。
  • 製薬会社に提出する症例報告書の記入補助を行います。
  • 治験がスムーズに進行するよう、担当医師、治験事務室、製薬会社、その他の院内スタッフと連絡・調整を行います。

治験コーディネーターは、患者さんの来院日に、3階治験管理室に常駐しております。

治験に関することはお気軽にお尋ねください。

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL