HOME > 当院の特色 > 治験事務室 > 治験とは?
治験事務室

治験とは?

新薬が開発されるにあたり、まず「くすり」になりそうな物質(人工的に作られた化合物や天然の物質)を探します。試験管を用いた実験で、目的の「くすり」の候補を選び出します。

次に動物実験が行われ、その物質の有効性(効き目など)と毒性を詳しく調べます。

動物実験が終わったからといって、すぐに「くすり」として使われるわけではありません。最終的に、人に対して、その物質の有効性と安全性(副作用の有無など)を調べます。

このような人を対象とした試験のことを「臨床試験」といい、その中で厚生労働省から「くすり」として認めてもらうために必要な臨床試験を限定して「治験」といいます。

当院の特色

地域医療支援病院

大阪府がん診療拠点病院

緩和ケア病棟

産婦人科病棟

治験事務室

医師臨床研修

医療機器の紹介

広報誌 日赤の森

各種教室

糖尿病情報

訪問看護ステーション

医療体験ブラック・ジャック セミナー

トピックス

外来・入院案内診療科・部門案内当院の特色地域医療連携
このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL