診療科・部門案内

医療安全推進室

「人は誰でも間違える」という視点にたち医療事故を防止し、再発防止に取り組んでいます。組織横断的に活動できる医療安全推進室があり、ヒヤリ・ハット報告から分析したことを新たな安全防止策の導入や職員全体の研修にフィードバックしています。安全管理が根付くために他職種・他部門との連携を積極的に行い、患者さまが安心して医療を受けられる環境作りに努めています。

高槻赤十字病院における医療安全の取り組み事項

高槻赤十字病院は、人道・博愛の赤十字精神に基づき、高度で安全な医療を提供し、地域に人々が誇りにする病院となるように努める使命を背負っている。高度で安全な医療の提供には、各職員の普段の研鑽が必要である。しかし高度化、複雑化する医療環境において、個人の努力のみを依拠する医療事故防止には限界があり、組織的な安全管理体制が不可欠である。そこで、高槻赤十字病院では職員一人ひとりが、また各部署それぞれが、安全な医療の実践に真摯に取り組むと当時に、病院全体が包括的に医療安全管理及びその推進を行っていくものとする。そのためには、次のとおり基本方針を整える。

1.患者中心の医療の実現

2.医療安全に関する組織的な取り組み

3.インシデント・アクシンデントの報告とその目的
ヒヤリハット体験の報告体制を整え、再発防止の観点から、組織としての改善に必要な防止対策を作成する。

4.医療事故防止対策
すでに策定した改善策が各部門において確実に実施され、かつ安全対策として有効に機能しているかを常に点検・評価し、必要に応じて見直しを図る。

5.適切な医療事故への対応

6.患者からの相談の実施

7.情報の共有

8.医療安全に関する研修

9.医療安全管理マニュアルの作成・更新

10.医療安全管理に関する指針の公開

11.患者と医療者のパートナーシップ
理解し合える良好な協働関係(パートナーシップ)を基に、安全な医療を提供できるよう共に考えていく。

医療安全推進室について

設立:平成18年7月1日
目的:医療事故防止対策、院内感染防止対策を含めた医療安全の意識向上、安全文化の構築

組織図

安全な医療を行うための取組み

ネームバンド

すべての入院患者様と一部の外来患者様にネームバンドを 装着していただいています。 これは、『患者さまひとりひとりを正しく確認すること』を 目的に手首(または足首)に装着して頂くものです。入院の 患者さまには、夜、睡眠中に行う点滴の際や、何度も繰り 返し確認することでご面倒をおかけしていることと思いま すが、ご理解いただいきたいと考えています。また、外来 患者さまには、化学療法、手術、輸血、血液浄化療法を受 けられる方に装着していただいています。
確認の際は、患者さまと一緒に声に出してお名前を確認させていただきます。

バーコード認証

ネームバンドにはバーコードがついています。これは、 患者さまと実施する点滴薬剤、輸血、手術などを認証 するシステムです。
「スーパーの商品みたいだ」と苦情を言われたこともあ りますが、ご自分の体に入る大切な薬や輸血が正しく扱 われるための方策として日常的なこととして認知されるよう願っています。

転倒・転落予防

入院という非日常的な体験が与える心理的、身体的な影響は思いもよらないところに出るものです。
真夜中に目が覚めておトイレに行こうと思い立ち上がったらベッドの上だった。寝返りをうったらベッドから落ちた。など、自宅とは違う環境に戸惑うことが多くあります。入院時には自宅の環境や生活スタイルについて詳しく教えていただき危険予測をした対応を心掛けていますが、認知症など患者さまには予測が難しいことがありますので離床センサー付きマットなどを置き、ベッドを離れマットを踏めばナースコールに連動するものです。ナースコールが鳴ればすぐに駆けつけ転倒の前に対処できるよう工夫しています。しかし、すでに座り込んでおられたりして万全ではないので過信せず使っています。

持参薬管理システム

入院までに内服中の薬については持参していただいているのですが、治療や検査、手術によっては中止したり、中止してはいけない薬があります。また、新しく処方された薬と持参の薬が重複し危険な場合もあります。当院では、入院時に必ず持参薬の確認をさせていただき薬剤師が電子カルテに情報を入力し、医師や看護師は内容を確認できるようになり、不要な中断や重複のリスクが減り安心感が高まっています。

患者間違い防止

当院では、安全で安心していただける医療の提供について取り組んでおります。
そのためには患者様との共同なしでは実現できないと実感しています。
私たちは、医療者と患者様が良きパートナーとして取り組むことを提案いたします。
診察室や検査室に呼ばれましたら、ご自身のお名前をフルネームでお伝えください。

患者さまへのお願い
外来では、患者確認の方法として患者さまへお名前をお尋ねすることがありますのでフルネームでお答えください。
入院時には必ずお薬と薬の手帳やしおりを添えてご持参ください。手帳やしおりは薬の内容を確認するために必要ですのでご協力下さい。

その他活動

医療安全ミーディング

◇週1回:医療安全推進室ミーティング
・インシデント発生状況を把握し、検討している。

◇随時:各リスクマネージャーミーティング
・必要時招集しミーティングを行う。

◇月1回:看護部リスクマネージャーミーティング
・看護部のインシデント発生状況を共有し、対策を検討している。

医療安全研修会

全職員対象に研修を年2回開催し、職種ごとに必要な研修を適宜開催している。

  • ・施設内:職種ごとに不定期に開催し、医療事故防止と発生時の対応を学ぶ。
  • ・施設外:必要に応じ医療安全推進室員が参加する

報告制度

「インシデント・アクシデント」レポート制度を導入する事により、院内で発生したニアミスを迅速に把握し、医療事故及び医事紛争を未然に防ぐ

委員会

◇医療安全管理委員会(月1回開催)
医療安全に関する事項について検討する。

◇院内感染対策委員会(月1回開催)
院内感染対策に関する事項についての検討及び職員研修等について

◇ICT委員会(月1回開催)
院内感染防止の啓蒙活動、感染防止に関する提言、院内分離菌の把握及び抗生剤使用状況の把握等の活動、院内ラウンドにより感染対策の実態を監視し、現場スタッフへフィードバックする。

このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL