診療科・部門案内

医療技術部 臨床工学技術課

臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)とは

臨床工学技士は1987年5月に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。
医師の指示のもと生命維持管理装置(人工透析装置・人工呼吸器・人工心肺装置・ペースメーカ等)をはじめとした 医療機器の操作、及び保守管理を行います。
現在の医療機器はいずれも高度化・複雑化が進んでいます。医療の安全を担保するためには正しい知識、ライセンスを持った 従事者が適切に管理する必要があります。



臨床工学技術課のご紹介

当課は以下に大別される業務を主軸とし、医師や他のメディカルスタッフと連携を取り病院の様々な分野において専門性の高い 医療の一端を担っています。

  • ・医療機器の保守・メンテナンス等の機器管理業務
  • ・臨床での医療技術の提供

関連業務: 血液浄化業務、心臓カテーテル検査、ペースメーカ業務、内視鏡業務、手術室業務、 血液内科移植関連業務、血糖デバイス管理 など



* 人員構成 *
臨床工学技士  8名
主事 1名 

* 所属学会 *
日本赤十字社臨床工学技士会
日本臨床工学技士会
大阪臨床工学技士会
日本不整脈心電学会
日本医療機器学会
カプセル内視鏡学会

* 認定資格 *
CDR(植え込み型心臓ペースメーカ/植え込み型除細動器関連情報担当者)認定
心電図検定
透析技術認定士
3学会合同呼吸療法認定士
カプセル内視鏡読影支援技師(小腸・大腸)
第2種滅菌技士
第2種ME技術実力認定
大阪DMAT(災害派遣医療チーム)隊員
第二級陸上特殊無線技士

主な業務内容

* 血液浄化業務 *
血液浄化療法とは、血液から有毒な物質を除去したり、必要な成分を補充したりする治療方法です。
代表的な治療が人工透析です。我々は人工透析以外にも様々な血液浄化(血漿交換、白血球除去:LCAP、顆粒球吸着療法:GCAP等)に対応しており、 治療に使用する装置や透析に使用される水処理装置の操作、管理を行っています。
   ≫ 血液浄化療法部のページへ



* 心臓カテーテル検査・ペースメーカ業務 *
心臓カテーテル検査に用いる医療機器の操作を行い、検査・治療が安全に行えるよう介助を行っています。 また、ペースメーカの植込み手術の立ち会いやペースメーカの遠隔モニタリングシステム導入など、 医師と連携を諮りながら患者様の退院後も安心して生活を送って頂けるようフォローアップを行っています。
   ≫ 循環器内科のページへ



* 手術室業務 *
手術室にある多種多様の医療機器・材料の管理を行っています。また、近年幅広い領域において内視鏡手術が取り入れられています。
当課は全ての内視鏡手術に立ち会い、手術に用いられる装置が日進月歩で進化する中、これらが安全で的確に使用されるよう万全な対策と支援を執っています。



*  内視鏡業務 *
消化管や気管支の内視鏡検査において、主に装置をはじめとした検査前の準備、点検を行い安全な検査が行える環境を整えています。 また、カプセル内視鏡では臨床工学技士による一次読影を行っています。
他施設では一般に外注先である読影センターで判読されるため2~3週間の期間を要しますが、当院では院内で一次読影が行われるため、 緊急的な処置を有する病変を早期発見し、より迅速な治療が開始できます。
   ≫ 消化器科(消化器内視鏡センター)のページへ



 
このページの先頭へ
高槻赤十字病院  高槻市阿武野1丁目1番1号  TEL 072-696-0571(代表)  ©2010 TAKATSUKI RED CROSS HOSPITAL